【簡単にアクセス数UP】まとめページによる内部リンクの有効性

ブログのアクセス数を上げたいというのは全てのブロガーの願いでもあるでしょう。アクセス数が多くて悪いことはありません。

ではどうすればアクセス数を上げることができるのでしょうか。

様々な方法がありますが、一番簡単な方法は、すでにサイトに来ている訪問者にサイトの構造が簡単にわかるようにして、関連する記事もついでに見てもらうことです。

例えば、今まで一人当たり1ページしか見てもらっていない状態であれば、うまく関連記事を見せて一人当たり2ページ見てもらえるようにれば、アクセス数は単純に2倍になります。

記事を更新するよりも今まで書いた記事をうまく利用するだけです。

カテゴリーとは別基準のまとめサイト

基本的には、その記事下に関連する過去記事を手で貼っていくか、カテゴリーごとにうまくまとめてグローバルナビやパン屑リストで関連記事を探してもらえるようにすることが重要です。

ただ、あるテーマでまとまった数の記事がすでにあって、しかもそのテーマがカテゴリー化するにはちょっとという場合、すべての関連記事を記事下に貼ってしまうと、リンクが多くなりすぎてしまいます。

そこで、使える手があります。それは、まとめサイトを作るという方法です。

ハブとしてのまとめサイト

つまり、過去記事を整理する形で一覧にした記事を別に作り、ハブとして利用します。そうすればそれぞれの関連記事の記事下にはこのまとめ記事へのリンクのみを貼ればよくすっきり見やすくなります。

ハブとしての機能

メインサイトでは、難民問題についてこのようなページを作っております。時事テーマなので時間がたてば色あせてしまうことから、カテゴリを作りたくはないと考えています。その苦肉の策が、まとめ記事「【まとめ】これを読めばドイツ難民問題がわかる! - 元コンサルタントな歴史家―ドイツから見た日本」です。

これによって、関連記事AからFのうちどれを最初に訪れたとしても、関心があればまとめ記事に一旦飛んでもらい、そこから関連するすべての記事にアクセスが可能になります。

疑似カテゴリとしてのまとめサイト

加えて、これはカテゴリーを横断する形で関連記事がある場合にも有効です。このようなサイト設計をすることで、カテゴリーを無理に増やさずに関連記事をまとめることができます。

疑似カテゴリとしての機能

この図の場合、カテゴリタグを別途作ることなく、記事a、記事b、記事d1、記事d2を一つのテーマの下にまとめることができます。

是非、記事数が多くなって来たら試してみてください。

<免責事項>

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。 本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。 また、当サイトに掲載されるリンク先に関して一切の責任を負いかねます。 予めご了承下さい。

 

<当サイトのプライバシーポリシー>

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

・Google は第三者配信事業者として、Cookie を使用してサイトに広告を配信します。

・Google 広告 Cookie を使用することにより、お客様のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、Google や Google のパートナーのユーザーに適切な広告を表示できます。

・ユーザーは Google の広告とコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます。

 

Copyright © 2016 Blog Customize All Rights Reserved.